Menu

理事長挨拶

Home

理事長挨拶

 当園ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
 当園はもともと季節保育を行っていたところ、地域の要望もありフレーベル幼稚園として始まりました。
平成8年に認可を受け、浅科幼稚園として58年を迎えます。そして、平成31年4月より認定こども園として新たに生まれ変わりました。
 当園は浅間山を望む自然豊かな環境の中、のびのびと子供たちが育って行けるよう一人一人に合った養育を目指しています。

1.主人公(人生の主役は自分です。)
1.友は事が起きるときの喜びである(本当の友人がいれば幸福な人生を送ることができます。)
1.自ら考え学び、生きる力を育てる保育を行います。

 を教育理念とし、今まで先生の言うことを従順に従っている子どもが優秀と言われてきましたが、これからは、場面場面で自分で考え判断していけることが重要となる世の中です。自分の力で生きて行かれる子どもに育てられるよう、職員一丸となって保育に取り組みます。
 幼稚園は子供たちが出会う初めての学校と言われています。就学前の子供たちへの関わりは人間形成のためにも基礎となる大切な時です。また、人間形成には3歳までの関わりも必要となります。三つ子の魂百までとの言葉もありますように、就園前の親御さんの関係が大切になります。幼稚園では保護者の方とお子さんの関わりをとても大切に考えています。できるだけお子さんとの時間を大切に過ごして頂けることを望んでおります。

理事長 関川 政宏